パーパス・コア(Purpose core)」は、目的意識をもち、何のため?(パーパス)をコアにする実践思考法です。

「パーパス」とは目的のことです。企業のあり方として「存在意義」とも解釈され、それらへの共感性をもとに、経営理念作成やマネジメント変革、さらにブランディングやマーケティングに活かすという機運が高まっています。

長寿の企業に共通するビジョナリーカンパニーにおいても重要要素の一つとされているこの「パーパス」は、これからの時代に沿った事業戦略へのシフトとともに、これから起業する際にも、さらには自分の将来のワークライフを考える時にも、とても重要な要素になります。

「目的」は本来、思考や行動の根底にあるものであり、それらを意識すると、選択の悩みがなくなり、行動力が格段に高まります。

パーパスを思考や行動のコアにおく(Put Purpose at my core.)それが 「パーパス・コア(Purpose core)です。未来が読みにくい今、企業にとっても個人にとっても、新しい時代に自信をもって進んでいける大きなカギとなります。

パーパス(Purpose) と パーパス・コア(Purpose core) については、こちらもご覧ください。